popcornpad

白くつしたのピース。基本的に何も起こらない。

中坊 in 厨房 


10090701.jpg

 家庭科の宿題で、人生初の卵焼きにチャレンジするユタ。
 心配そうに見守るフリして、実はおこぼれ狙いのピース。



10090702.jpg

 じゃーん。これが成果物だ。
 正直言って、僕が初めて作った時よりも、よほど奇麗に出来ていて、びっくりしてしまったのだ。
 うん上手い、うめーよユタ。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

EF35mmF2

おろしたて 


10091803.jpg

 カメラのストラップを変えた。
 金沢の雑貨店“BENLLY'S & JOB”の“Leather camera strap 2”なのです。
 もう、超お気に入り。
 この日記を書いてる今の今も、僕の首にはこのストラップを付けたEOS 50Dがぶらさがっているのです。
 それくらい気に入った。



10091802.jpg

 これから使い込んでいくにつれ、どんどん味が出てくるであろう、そんな経年進化も楽しみなのです。
 “BENLLY'S & JOB”のウェブサイトはこちらからどうぞ。



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

RICOH_CX1

リアルタイムただいま 

10101101-2.jpg




10101102.jpg




10101103.jpg




10101104.jpg

まさに今の今、帰ってまいりました。
遥かなり静岡。
予想外の大渋滞とか、
ナビ付きのクセに静岡市内で迷ったりとか、
多少トラブルもあったけれど、楽しかったので全て良し。
とりあえず寝ます。
オヤスミナサ(グウ)



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

EF-S10-22mmF3.5-4.5USM

more RX-78 

G01.jpg

すぐ隣にビルが建っているので、こんなショットを撮れるのが静岡ガンダムの良いところ。
街にモビルスーツが現れたら、まさにこんな感じなのだろう。




G04.jpg

今回撮った中で一番のお気に入り。
惚れ惚れする後ろ姿。
ケータイの待ち受けにしました。




G05.jpg

モノクロームにすると、また違った趣があって楽しい。

うちのGAOH 


10103103.jpg

十数年の年月に敬意を込めて、ラストシュート。
長い間ご苦労さん。



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

SIGMA 30mm F1.4

昨日1日で食べたミカンの数、15個 

10111503.jpg

何かに取り憑かれたように、貪り食った。
撮影時点で、すでに6個は腹の中。



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

SIGMA 30mm F1.4 Liveview

悪癖 

10111504.jpg

本読みながら、ネットしながら、写真撮りながら、飲む。
複数の事柄を平行してだらだらと進行させるクセがある。
こういうの、きっと良くないと思うのだ。
集中力散漫になりがちだし。
でもやめられない。
楽しい。

コースター欲しいな、話いきなり変わるけど。
今度雑貨屋行って、気に入ったの探そう。



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
どうした俺、更新が止まらん。
いつもありがとうございます。

SIGMA 30mm F1.4 Liveview

Feels So Different 

10111701.jpg

最近、愛機“EOS 50D”のライブビュー機能を良く使う。
ライブビューってのは、ファインダーを覗かずに、液晶モニタに映し出された被写体を見ながら撮影する手法のことだ。
50Dを購入してから一年あまり経つが、ライブビューなんて全然使っていなかった。
ぶっちゃけ「ライブビューはダサイ」とさえ思っていた。
だけどゴメンなさい、ライブビュー超楽しいです。
マニュアルフォーカス(手動ピント合わせ)と組み合わせると、その楽しさは倍加する。

液晶モニタを見ながら、フォーカスリングをゆっくりと回す。
オートフォーカスは、あえて使わない。
使ったとしても、シャッターをきる前に、必ず手動でピント調整する。
ピントが合っててもする。その方が楽しいから。
最初はぼやけていた被写体が、液晶モニタの中で、徐々にくっきりと像を結ぶ。
納得いくまでピントを合わせたら、やおらシャッターを切る。
じっくりと被写体と向き合う感覚。これが楽しい。
今まで感じたことの無い、異質な楽しさがここにはある。

ピースだけじゃなく、色々な物が撮りたくなってくる。
身体、早く治んないかなあ。



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
15th Anniversary

SIGMA 30mm F1.4 Liveview

モンハンの中のユタは槍使い 

ユタ年賀状2011

ユタの年賀状用に撮った写真。
セッティングしてるうちにどんどん楽しくなってきて、若干悪ノリしすぎた感。
こんなふざけた写真でも「ありがとう」と言って使ってくれるお前が好きさ。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

EF-S10-22mmF3.5-4.5USM

うれしい、こそばゆい 

pic-book-201102[1]

キヤノン主宰の、アマチュア写真家のサークル「キヤノンフォトサークル」というのがありまして、会員に月イチで会報誌を発行しております。
http://cweb.canon.jp/cpc/real-contents/magazine/index.html

「moments」というタイトルの、A4中とじフルカラー84ページの冊子がソレなのですが、2011年の2月号に僕の写真が載っております。
巻頭特集のテーマは、ズバリ「ペット写真」。
で、プロの写真家3人、会員数名、会員外2名の写真と活動内容が紹介されるそうで、僕は会員外の2名の中に選ばれました。
編集の方が、僕のブログを見たのがきっかけで、ブログのコメント欄を通じて掲載と取材の依頼がありました。
最初の依頼コメントは、11月17日に書き込まれたのですが、間抜けな事に、僕はそのコメントにまったく気付かず、完全にスルーしておりました。
で、2日後に再度依頼のコメントが書き込まれたのですが、僕はそれにも気がつかずまたしても放置。更に2日が経った11月21日に、カオに「鍵コメあるよ」と指摘されてやっと気付く始末。
このまたとないチャンスを危うくフイにするところでした。あぶねえ。

で、ここからがこの話の信じられないところなのですが、なんと僕の写真、表紙にも使われております。いわる「表1」ってヤツです。
簡単なインタビューも載っており、先日電話で約1時間ほどの取材を受けました。これがまたこそばゆいこそばゆいw
にしても、ほんとにイイのか、俺のでw
未だに半信半疑なのであります。

雑誌の仕上がりはとても素晴らしくおしゃれで、僕たち家族にとって、すばらしい記念になりました。
未熟な僕ですが、大好きな写真道、今後よりいっそうの精進を積んでまいる所存です。
今回の話を持ってきていただいた編集スタッフの皆様には、心から感謝いたします。
素敵な誌面をどもありがとうございます。



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

インフルエンツァ 


10012801.jpg

ハルがインフルエンザにかかってしまった。
今はリレンザを飲んで(正確には、飲むのではなく吸引するのだが)寝ている。
受診した小児科の看護士さんによると、とある家の子どもは、インフルエンザ治療薬を飲んだ日に、コタツの中でピカチュウを見たのだそうだ。その時のその子にとって、それは幻覚などではなく、正真正銘生きた電気ネズミとの出会いだったのだろう。
またとある高校生は、やはりインフルエンザ治療薬を服用した日に、届いてもいないメールに返信しなければと、でたらめに携帯のキーを叩いていたということだ。もちろん入力された文字は、日本語の体すら成さぬ数字の羅列であったという。
他人事として聞くと微笑ましく感じられるこんな話も、自分の子どもの身に今にも起こるかもしれないと考えると、軽い戦慄を覚える。
しばらくの間は、注意して見守らないといけないようだ。



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

静かなる朝の定時報告 


11012802.jpg

ハルは2階の寝室で寝ている。
熱は38.1度。
午前8時にリレンザを吸引させた。
食欲は無い。
ビタミンCのドリンクだけ欲しがった。
インフルエンザ治療薬を飲んだ者に時々みられる、幻覚症状や異常行動を起こさないかと心配なので、物音がするたびに様子を見に2階に上がる。
今のところ特に異常無し。
ピースはベロを出している。



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

「幻覚見た?」と聞いたら「見てない」と答えた 


11012901.jpg

ハルは、コタツの中にピカチュウを見る事もなく、少しずつ回復している。
が、食欲はまだなく、好きな物を少し口にする程度。この調子じゃ、また痩せちまうな、きっと。
ピースは、気配はすれどいっこうに姿を見せないハルを探して、2階で物音がする度に、階段下をうろうろしている。



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

部屋の空気がわるくなるけど、あったかいから、いいや 


11013001.jpg

石油ストーブの独特の温もり感を懐かしむ、停電の夜。(2週間前です)



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
カステラも良いけど、ピーズの方がもっと好きだ。
いつもありがとうございます。

open school 


11022101.jpg

日曜の午前は、ユタとハルが通う中学校へ出向き、授業の様子を見学してまいりやした。今時は「授業参観日」とは言わずに「学校公開日」って言うらしいよ。
教室へ向かう途中、生徒用下足箱のカラフルさに目を奪われ、思わずパシャリ。
カラフル!


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

走れ少年 


11022102.jpg

ユタハルの学校公開イベントにて。
授業の開始を告げるチャイムが鳴った。カメラを構えた僕の脇を、遅刻したのだろうか、二人の男子生徒が凄い勢いで駆け抜けていった。
ほれ、急げ急げ(笑)


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
すいません、次はちゃんと犬が出てきます。
いつもありがとうございます。

ひとくち 

11022701.jpg

チーズバーガーをピースが「あむっ」と食べた。
ハルが3歳の時に教えてくれたのだが、物を食べる時の擬音は「あむっ」なのだそうな。


ハルがまだ小さくて、日常の色々な事が上手にできなかった頃の話。
ハルは「ごはんをスプーンを使わずに、手でつかんで食べる」というのを中々止められなかった。
右手にはちゃんとスプーンを持っているのに、空いた左手で食べ物をむんずとつかむ。
そういう状態が、ハルの場合は相当長い期間続いた。
親としては当然注意するわけです。でもやっちゃう。
注意した直後だけは「あい」とかなんとか、しおらしく返事をして不器用にスプーンを使い始めるのですが、暫くするとまたすぐに手づかみ。
で、一度この事をきつく叱ったわけです。

「おまえが右手に持ってるこのスプーンは、いったい何のための物なの」
「ごはんたべるもの」
「じゃ、スプーン使って食べなさい」
「あい」
「わかった?」
「わかった」

ところが、1分もしないうちに、また左手がごはんをつかむ。

「こら!」
(ハル、手がとまる)
「手じゃなくてスプーンでしょ」
「あい」
「ほんとにわかった?」
「わかった」

この時は、こういうやり取りが3度ほど続いたと思います。
一度の食事中に同じ事で3度叱らねばならないとなると、さすがに声を荒げてしまうのを止められませんでした。

「ごら!」
(びくっ)
「手で食うなっつってんじゃねーかおまえまったくもうよお」
(突然怒鳴られてハル涙目)
「お前の右手に持ってるそれは何?」
「・・・すぷーん」
「それは何する為の物?」
「・・・ごはんたべるもの」
「じゃハルは、ご飯をどうやって食べますか?」

この話の流れだと、正解は「すぷーんでたべる」だと思いますよね。
ところが、きつく叱られてすっかり萎縮したハルが精一杯考えて出した答えは、未熟な親の予想をはるかに超えるものでした。

「あむっ、てたべる」

・・・・・あむっ、てお前それは擬音だよ。
おとおさんはそおゆうことをいいたかったんじゃなくてね・・・
そうですか、ハルはごはんを「あむっ」てたべますか。

「もういいから、早くご飯食べちゃいなさい」

それ以来僕の中で、人が物を食べる時の擬音は「あむっ」で確定したというわけです。
ちょきん、ぱちん、すとん、で、はなしはおしまい。
ごちそうさまでした。



11022702.jpg  11022703.jpg

その頃の野人ども。左がハル、右がユタ。



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

動物愛護団体「エンジェルズ」の件 


このエントリーに掲載していた動物愛護団体「エンジェルズ」ですが、過去に色々といわくがある団体だったようで、ネットでちょっと調べただけでも、香ばしい話がボロボロ出てきました。
僕はそんないきさつなど一切知らず、ロクに調べもせずに情報を掲載していたのです。
そんなわけで、無責任でかっこわるいですけど、他にどうしていいのか分からないので、エンジェルズへのリンクは消去することにいたしました。
すみません、ちょっと、いやかなり軽卒でした。
反省しております。

【東北地方太平洋沖地震】の都道府県別、災害救援情報まとめサイト 


【東北地方太平洋沖地震】の都道府県別、災害救援情報まとめサイト、というかハッシュタグ集。
SAVE JAPAN! http://savejapan.simone-inc.com/

P4J 


11031301.jpg


すごい、涙が出そう。CNNでもBCCでも絶賛されている。「有史以来最悪の地震が、世界で一番準備され訓練された国を襲った。犠牲は出たが他の国ではこんな正しい行動はとれないだろう。日本人は文化的に感情を抑制する力に優れている。」日本人であることを誇りに、冷静に理性的に行動しよう!
http://twitter.com/#!/DissizKoichi/status/46375043634176001



「日本人すごい!!こんな時にも山手線ホームできれいに整列してる …涙。有楽町駅を上から眺む。」
http://twitpic.com/48kn1u



職場で山積の課題をしつつ、それなりに居眠りもして迎えた朝。無事でいることに感謝しつつ、いま目黒線で帰路に。何事もなかったかのように急行がダイヤに組まれていることに、少なからぬ驚き。またその運行が5分遅延している事に謝罪アナウンスする車掌。この国は…なんて表現したらよいのか。
http://twitter.com/#!/matroos_jj/status/46373854251204608



CNNの専門家の言葉「日本の国民はミラクルだ。被害は確定しないが、他国だったら数倍の被害になっていただろう。ハイチの500倍以上の威力の地震で津波到達まで5分しか時間ない中で、信じられない対応だ。この国民には常に準備がある。この国は常に事態に準備ができるのだ」
http://twitter.com/#!/kotarotamura/status/46363871237246977



国によっては略奪を恐れてコンビニやスーパーが一斉に閉まるところだが、日本では皆が整然と徒歩で帰宅し、コンビニはサービスステーションとして帰宅者の支援をしている。ということを日本にいる海外メディアが発信している。素晴らしい国だ。
http://twitter.com/#!/TakefumiY/status/46244866933530625



【prayforjapan】世界から届いた日本への祈り
http://matome.naver.jp/odai/2129985372846288901


※上記は、作家、山川健一氏がご自身のブログに掲載されたコメント集に、オリジナルと思われる発言へのリンクと、その他いくつかのリンクを追加して掲載するものです。
http://ameblo.jp/yamaken/entry-10828581097.html


とまどいつつ再起動 


11031401.jpg

週末は、所用をこなしたり、ピースと散歩に出たりする意外は、ずっと家でニュースを見ていた。
想像を絶する惨状の数々に、ともすれば無気力感に支配されそうになりながら過ごした、そんな週末だった。
しかし今日からまた日常が始まる。
僕ら災害の後方に位置する者たちは、日常の業務を粛々ととりおこない、しっかりと経済を回さねばならない。それがこの国の底力となることを信じて。
しっかり仕事するよ。今自分が確実にできるのはそれだ。
その上で、さらに出来ることを見つけたなら、勇躍それに取り組もう。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

Look up! 


11031901.jpg

ピースがリードを引っぱった。傾く視界。




11031902-2.jpg

いつものカラスは留守だった。




11031903.jpg

右が兄で、左が弟。




11031904.jpg

数字の50で連想するのは、バイクの排気量。
最初に乗ったのはスクーターで、ヤマハのJOGだった。色は紺。ラッキーストライクのステッカーが目印。
ズウミ18歳。




11031905-2.jpg

西からの風は、ピースの鼻から入り、耳へ抜けた(笑)



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

ハルの休日 


11032102.jpg


うちの次男坊ハルは、中学でとある球技の部に所属している。
その部が、今年始めに行われた県大会で優勝し、全国大会に出場できることになった。
それ以来、全国の強豪たちと戦う事を想定した厳しい練習の日々が始まった。
土曜も日曜も休み無し。弁当持参での終日練習は当たり前。それはハルにとって、今まで経験したことも無かったような過酷な毎日であったと思う。
ハルはまだ一年生で、スタメンには入っていない。ベンチメンバーですらない。それでも、この厳しい練習についていくというその事自体が、ハルにとってかけがえのない成長の種になってくれるのではないかと、僕はそんな風に期待していた。

しかし先日の東北大震災の影響で、全国大会は中止となった。
先週金曜の夜に中止の一報が顧問の先生に伝わるや、その情報は保護者会連絡網を駆け巡り、その晩のうちに全ての生徒宅に行き渡った。

一夜明けて土曜日。
午前練習の前に、体育館に集合した子どもたちに、顧問の先生から改めて中止の事実が伝えられた。
それはとても残念な知らせではあったが、前の晩のうちにそれを知っていた子どもたちは、わりと冷静にその事実を受け止めていた。なんと言っても、今この瞬間に生死の境をさまよっている方たちがまだ沢山いるのだ。「今はスポーツどころではない」それは子どもたちにも簡単に受け入れる事ができる当たり前の理屈だった。

やがて練習が始まり、いつもと同じように身体を動かしはじめる子どもたち。
しばらくすると、キャプテンのT君がその場から離脱し、コートの隅へ行くと静かに肩を震わせ始めた。
それはやがて嗚咽を伴う号泣へと変わった。
キャプテンだってちゃんと分かってたと思うんだよ、しょうがないってことは。それでもなお、内から沸き出る激しい感情を抑えきれなくなっちゃったんだ。それは一つの競技に心血注いできた者として、ごく当たり前の反応なのだと僕は思う。
ハルはそんなキャプテンを見て「この人は本当にこの競技が好きなんだなあ」と思い、年上の先輩に対して、或る種の愛しさのような感情を抱いたようだ。「キャプテンの事は尊敬してる」と、ハルは言った。

その日の晩、厳しい練習の日々に一区切りついた慰労の意味で、家族4人で外食してきた。
ハルは、「ベンチ入りメンバーにも入っていない俺のために、こんなの必要ない」と言った。
でもな、おとーさんは知ってんだ。小学校時代に本格的なスポーツ活動を経験していないハルにとって、全国レベルでの練習というものがいかに厳しく過酷な物だったのかを。はっきり言って、ついていくだけで精一杯だったと思う。叱られたりとか、一杯しただろう。それでも休まずついていった、その事自体がお前にとっては「大した事」なんだよ。だから何かの形で、一区切り付けてあげたかったんだ。ちゃんと終わらせてあげたかったんだ。
俺、甘いのかな。

昨日と今日は、ハルの部活は休みとなった。
休日にハルが一日中家に居るのは、どれだけぶりのことだろう。
今はゆっくり休んで、また次に向かって頑張って欲しい。

小さくて、とるに足らないことかもしれないけれど、これも今回の震災を巡る話のひとつ。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

うちの子ではないのですがね 


11032701.jpg

カモのヒナ。
生後5日くらい。
鳴いて、食べて、寝ている。
ちいさくて、かるくて、ふわふわだ。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
どこの子かは、あえて伏せる方向で(笑)
いつもありがとうございます。

カッコカキカキ 


11041902.jpg

悠然と首を掻く姿が、あまりにも男前だったので、思わずパチリ。
やんちゃブラザーズの片割れ、ふう太君であります。
なんかね、ラテンの香りがするよね、彼は。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

たち耳もいいな 


11042001.jpg

木場潟のランで見かけたフォトジェニックさん。
コーギーのミックスなのかな。
そりゃあもう、かわいかったさー。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

6月9日は、ありふれた日常の有り難さをかみしめる日です 


11060901.jpg

人がハルとピースの微笑まシーンを撮ってるってえのに、真正面からズケズケとフレームインするオカン。
悪気とかまったく無しってところがまた腹立つ(笑)
そしてハルは、なぜこんなにも無表情なのだ?
さらにピースは、なぜハルの通学メットを装着してるのだ?


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

打て 


11062001.jpg

ユタ、中学最後の公式戦にて。
渾身の一撃。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

Tenth Avenue Freeze Out 


11062003.jpg

http://www.mtvjapan.com/news/music/19276

親愛なるクラレンス・クレモンズ様。
悲しいです。
Junglelandの美しいサックスソロ、大好きでした。
あなたのいないEストリートバンドなんて、僕には想像もつかないのです。
今の気分は、スブリングスティーンが、“Terry's Song”で歌った、正にそのまま。

>>
君を作ったとき、彼らは塵を黄金に変えた
君を作ったとき、彼らは鋳型を破壊した

死んだら何も持っていけないという
でもそれは違う、と思う
というのは今朝目覚めたとき
大きな何かがなくなっていた
それは暗い天空へ持っていかれた
そこではまだ君は若く、強く、クールだ
この世で彼らが君を作り、鋳型を破壊したときのように
>>

今夜は、あなたを想って飲みます。
さよならBigman。
本当に大好きでした。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

アフターゲーム 


11062101.jpg

負けた。
夏が来る前に、ユタの夏が終わっちまったんだよう。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
さあ、受験だ(笑)
いつもありがとうございます。