popcornpad

白くつしたのピース。基本的に何も起こらない。

警備部長というよりは越後屋 


11020101.jpg

昨日の写真から、時間を0.2秒ほど戻すとこうなる。
豪快な帰還シーンが一転「おじゃましまスでゲス」的な低姿勢が可笑しい。ていうか、今にも揉み手とかしちゃいそうだよコレ。
警備部長とは、意外と世渡り上手なのかもしれぬ。



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

ツィキン 


11020201.jpg

庭の塀に細く積もった雪を怪しむ。
蛇とでも間違えたのだろうか、意外と小心者な警備部長だ。



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

マカロニ和尚、テキサス和尚、山さん和尚 


11020301.jpg

ワイルド住職。
口癖は「なんじゃこりゃあ!」なんだよ、きっと。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

ぼわわわーん 


11020401.jpg

ジーパン和尚のお膝元で、まだ見ぬ和尚に思いを馳せてみる。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

今はもう峠を越した 


11020501.jpg

竹も折れる豪雪おそるべし。
散歩もままならないではないか、まったくもう。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

ハンターの血、ワクワク 


11020601.jpg

いるかないるかな。
ウサギいるかな。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

おとーさんなにしてる 


11020801.jpg

俺っちにないしょで、たのしいことをしているのではあるまいか。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

しょうじきに言ったらおこらない 


11020901.jpg

俺っちにないしょで、たのしいことした?
カリカリひとつぶ、たべた?
チップかデールで “のりまき” やった?
やったでしょ。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

そでのした 


11021001.jpg

「こっそりたのしいこと」のげんばをおさえた。ガムをもらった。せいぎはかつ。のだ!


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

張本さんの隣の席 


11021101.jpg

本日のコメンテーターは、裸の服飾評論家、アット・オブ・ミラクルポケット・ジェイピーさんです。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

祝日の朝 


11021201.jpg

境内に掲げられた日の丸が、風にゆられてバサバサ鳴った。それを不思議そうに見上げるピース。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

閉ざされた柵のこちら側から手を伸ばし、鈴を鳴らして神様を起こす 


11021301.jpg

頭を下げて、手を打って、心の中でむにゃむにゃ願う。
どうか、どうかと、むにゃむにゃ願う。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

hound? 


11021401.jpg

突然すぎる出会いに、不意をつかれてフリーズ。
絶好の獲物を前に固まる彼は、これでも猟犬のはしくれなのであります。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

こう見えて、嗅覚ハウンド 


11021402.jpg

おそるおそる。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

どこピン 


11021501.jpg

ピント合わなさ過ぎ。
もー俺ってば、ホント基本的なことが出来ない。
好きな事が上手にできないと、落ち込む。
おのれの努力の足りなさを棚に上げて、落ち込む。
ううむくそう。
でもオレァ知ってんだ。
理想と現実のギャップが向上心を生むんだ。
だからがんばるよ、しじゅー過ぎてっけど。
合わせてみせるぜ、ピント。(理想低)


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

キキッ 


11021502.jpg

緊急停止ピタ。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

俺っち、げえむやさんには、はいれない 


11021601.jpg

ユタハル、かいものながいよ!


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

灯台下暗し的地元観光 


11021701.jpg

加賀市山中温泉にて。
温かい水が、こんこんと湧き出る不思議。




11021702.jpg

ピースの足の下を流れている水も温泉なのである。何気なく片足を突っ込んだピースは、意外な熱さに驚き、慌てて足を引き抜いた。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

おだんごひとつ 


11021803.jpg

くださいな。
加賀市山中温泉にて

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

trackback: -- | comment: -- | edit

鋼鉄製単純曲線三絃トラス 

11021901.jpg

真っ直ぐ渡せば事足りるところ、敢えてぐにゃりと曲げて渡した、その意気や良し。
効率の2文字とは対極に在るS字の橋梁、その名も“あやとりはし”。
きーもちわるいっ。
けどたのしい。
加賀市山中温泉にて

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

路傍の「なれのはて」 

11022001.jpg

傘(だったもの)。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

open school 


11022101.jpg

日曜の午前は、ユタとハルが通う中学校へ出向き、授業の様子を見学してまいりやした。今時は「授業参観日」とは言わずに「学校公開日」って言うらしいよ。
教室へ向かう途中、生徒用下足箱のカラフルさに目を奪われ、思わずパシャリ。
カラフル!


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

走れ少年 


11022102.jpg

ユタハルの学校公開イベントにて。
授業の開始を告げるチャイムが鳴った。カメラを構えた僕の脇を、遅刻したのだろうか、二人の男子生徒が凄い勢いで駆け抜けていった。
ほれ、急げ急げ(笑)


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
すいません、次はちゃんと犬が出てきます。
いつもありがとうございます。

あそびたいきもちをグッとこらえて、おしごとちゅう 


11022201.jpg

さん太でーす。ふう太でーす。ふたりそろって受付ブラザーズでーす。
そこのバインダーに、おなまえ書いてってね。
にゅうじょうりょうは、300ジャーキーになります。まいどどうも。
木場潟ドッグラン受付にて

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。
ブログ “さん太とふう太のやんちゃBrother’s” はこちら
木場潟ドッグランの利用システムについてはこちらをご覧下さい。

るる、る、るるるるるる 


11022301.jpg

予感です、予感がします。二股発覚の予感がします。
目の前に彼女がいるというのに、堂々と他のコにちょっかいを出す。
普段ボーッとしてる割に、意外と隅に置けないピースなのだった。
修羅場木場潟ドッグランにて

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
ピースの彼女(と、僕が勝手に思い込んでる)小春ちゃんのブログ “癒しの国から「小春」がやってきた!!” はこちら
いつもありがとうございます。

ピースさんにお知らせです 小春ちゃんが怒っています(昨日のつづき) 


11022401.jpg

ピース アヤマレ ダイシキュウ。
木場潟ドッグランにて


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

はきだめ 


11022402-2.jpg

きれいだった。ゴミだけど。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

0630AM 


11022501.jpg

川面に映る桜木の禍々しさに、軽く戦慄しつつ歩く散歩道。
中央の白い物は、朝の月です。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

シャボン玉の中 


11022601.jpg

俺っちとおとーさんは、ここにいまーすっ。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

ひとくち 

11022701.jpg

チーズバーガーをピースが「あむっ」と食べた。
ハルが3歳の時に教えてくれたのだが、物を食べる時の擬音は「あむっ」なのだそうな。


ハルがまだ小さくて、日常の色々な事が上手にできなかった頃の話。
ハルは「ごはんをスプーンを使わずに、手でつかんで食べる」というのを中々止められなかった。
右手にはちゃんとスプーンを持っているのに、空いた左手で食べ物をむんずとつかむ。
そういう状態が、ハルの場合は相当長い期間続いた。
親としては当然注意するわけです。でもやっちゃう。
注意した直後だけは「あい」とかなんとか、しおらしく返事をして不器用にスプーンを使い始めるのですが、暫くするとまたすぐに手づかみ。
で、一度この事をきつく叱ったわけです。

「おまえが右手に持ってるこのスプーンは、いったい何のための物なの」
「ごはんたべるもの」
「じゃ、スプーン使って食べなさい」
「あい」
「わかった?」
「わかった」

ところが、1分もしないうちに、また左手がごはんをつかむ。

「こら!」
(ハル、手がとまる)
「手じゃなくてスプーンでしょ」
「あい」
「ほんとにわかった?」
「わかった」

この時は、こういうやり取りが3度ほど続いたと思います。
一度の食事中に同じ事で3度叱らねばならないとなると、さすがに声を荒げてしまうのを止められませんでした。

「ごら!」
(びくっ)
「手で食うなっつってんじゃねーかおまえまったくもうよお」
(突然怒鳴られてハル涙目)
「お前の右手に持ってるそれは何?」
「・・・すぷーん」
「それは何する為の物?」
「・・・ごはんたべるもの」
「じゃハルは、ご飯をどうやって食べますか?」

この話の流れだと、正解は「すぷーんでたべる」だと思いますよね。
ところが、きつく叱られてすっかり萎縮したハルが精一杯考えて出した答えは、未熟な親の予想をはるかに超えるものでした。

「あむっ、てたべる」

・・・・・あむっ、てお前それは擬音だよ。
おとおさんはそおゆうことをいいたかったんじゃなくてね・・・
そうですか、ハルはごはんを「あむっ」てたべますか。

「もういいから、早くご飯食べちゃいなさい」

それ以来僕の中で、人が物を食べる時の擬音は「あむっ」で確定したというわけです。
ちょきん、ぱちん、すとん、で、はなしはおしまい。
ごちそうさまでした。



11022702.jpg  11022703.jpg

その頃の野人ども。左がハル、右がユタ。



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。