popcornpad

白くつしたのピース。基本的に何も起こらない。

登ってゆく坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が輝いているとすれば 


12020101.jpg

油断するとすぐに雪に足をとられてしまう。
だから自然、表情は真剣そのものになる。
その姿は一見微笑ましい。
だがしかし、決して笑ってはいけない。
誇り高きこの犬にとり、自らのシリアスな状況を笑われる事ほどの屈辱はないのである。
いやほんと。
河北潟にて

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

あえて追求はしないけれども 


12020201.jpg

何かが、美味しかったらしい。
でも何が?


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

河北潟アンダー ザ ブリッジ 


12020301-2.jpg

つらら初体験。
ものすごく冷たくて、石みたいに硬くて、そのくせ脆い。
前足でつつくと、それだけでポッキリ折れた。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

bitter 


12020401-2.jpg

たまには二枚目とか、気取ってみた。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

たいへんながらくお待たせしました 


12020501.jpg

それでは歌います。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

パンダさん 


12020601.jpg

ごぶさたしております。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

the narrow sky 


12020701-2.jpg

切り取られて狭くなった分だけ、青さが増す。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

déformer 


12020801.jpg

頭が大きいにもほどがある。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

腕の中に飛び込んでくる? いやいやそんなに甘くない 


12020901.jpg

ぶつかる!
思わず身を硬くした次の瞬間、巧みな軌道修正で、僕の肘を僅かにかすめて走り去る。
そういうゲーム。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

Super Beagle Bros. 


12021001.jpg

本日の写真は、これを聴きながら見ると、とても気分が出ます。お試しあれ。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

鉄橋 


12021101.jpg

足下が見えないのって、怖い。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

雪の木場潟 


12021201.jpg

めずらしくモテた。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

共同作業 


12021301.jpg

雪だるまを作る人。
雪だるまを溶かす犬。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

シンクロナイズド・ユキダルマング 


12021401-3.jpg




12021402.jpg




12021403.jpg




12021404.jpg

君たち、シンクロし過ぎ。
振り付け師でもいるのか。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

雪が彼を走らせてくれるのならば 


12021501.jpg

雪の中を走るというのは、特別な楽しさがあるらしく、だいたいにおいて笑顔である。
というか、こいつがランで走るのは、大型犬を一方的に怖がって逃げる時を除くと、あとは雪が降った時くらいなのではなかろうか。
ピースがこんな風に走るのを見るのは好きだ。とにかく楽しそうだからだ。
雪がピースを走らせてくれるのならば、もっと沢山降ればよい。
少しくらい寒くても、喜んで耐えよう。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

ドッグランで走らない子はドッグランを楽しめていないのだろうか問題 


12021601.jpg

あっちへウロウロ、こっちをクンクン。
ドッグランだからといって、必ずしも走らなければならないというわけじゃあない。
大事なのは、そう、自分なりに楽しむということ。
なのだ、多分。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

にーがつ いちばんゆきがふる(ヘイヘイ)←歌える? 


12021801.jpg

「雪がピースを走らせてくれるのならば、もっと沢山降ればよい。」なんて言った舌の根も乾かぬうちに言いますけどね、言いますよボカァ。
また降ったよ。降りやがったよ、雪。
もう分かった、分かりましたから。うん、冬は寒いね。
若干なんつーかその、ウンザリ?
ギブミー青空。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

プッシャ 


12021901.jpg

航空機において、機体後部に設置したプロペラにより、機体を押し出す形で前進する力を得る形式を「推進式」または「プッシャー式」と称する。
機体前部に配したプロペラが機体を引っぱる「牽引式」が大勢を占めるプロペラ機の中で、推進式の存在は、はっきりと異端であると言える。ただ、世界初の有人動力飛行を達成したライトフライヤー号をはじめ、初期の航空機の多くは推進式であった。
推進式プロペラ機の中では、太平洋戦争末期に、米軍のB―29迎撃の切り札として開発されたが、実戦投入前に終戦を迎えた為に、実力を発揮できずに終わった「振電」が、当時としては格段の完成度を誇り、名高い。

写真は、プッシャー式プロペラ動力により、爆発的に前進する「17年式ピース号」。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

pon-polo-pooh 


12022001.jpg

散歩中に見かけたギターショップのドアノブが、素敵すぎるのだった。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

めがねのハルタ 


12022101.jpg

ダルビッちゅ。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

Tubular Bells 


12022201.jpg

こういう階段を見ると、頭の中でエクソシストのテーマがぐるぐるしない?


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

目がー、目がー 


12022301.jpg

すっかり様変わりしてしまった松任の駅にて。
騒ぎ過ぎて、リードが顔に絡まって、前が見えなくなって、更に大騒ぎのピース。(拡大画像はこちら


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。