popcornpad

白くつしたのピース。基本的に何も起こらない。

鍵を持たずに散歩 + その間に家族全員外出 = 自宅入れず玄関待機 


12040101.jpg

ええと。




12040102.jpg

おとーさん?




12040103.jpg

なんで家に入らんの?




にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
入れないからだよ。

ラ・ラ・ラ・ラ ランドセルより好きなんだ 


12040201-3.jpg

リュックサックじゃなくて、リックサック!
ラッパラッパッパラッパパラ。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

暴風マディウォーター 


12040301.jpg

とんでもないすね、今日の暴風。
みなさんのところは大事無いですか?
本日は、悪天候につき散歩自粛なので、数日前の写真でお茶を濁すワタシです。
明日も天気良くないみたいすね。
お出かけされる方は、気をつけて。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

15歳 


12040801.jpg

今はもう消えてしまったが、長男のユタがとても小さかった頃、左の目の下に、血のカタマリのような赤いアザがあった。生後7日目くらいに、突然浮き出て来たのだ。
大きさは、幅15mm、高さ10mmくらいだった。とても鮮やかな赤色で、かなり目立った。
イチゴ状血管腫という名前のそれは、ちょっと見た感じが、歌舞伎役者の隈取りの様で、ユタの顔にとても可愛らしい特徴を与えていた。
僕もカオもその特徴を愛したが、可愛いと思えるようになったのは見慣れてからの話で、初めてそれを見た時には随分と驚いたものだ。そして、とても心配になった。なにしろ血管の細胞が、皮膚の表面で異常増殖して出来るというシロモノである。
血管細胞というだけあって、手で擦ったりすると、いとも簡単に出血した。それはまるで血の涙を流しているようで、そんなユタを見て肝を冷やした事も一度や二度ではない。
医者は、年月と共に消えるだろうと楽観していた。
だが僕らは心配だった。このまま一生消えなかったらどうしよう、と。
レーザーを使って積極的に治療するという道もあったのだが、ユタの場合、患部は目の直下である。万一の事故で視力に影響が出てしまうのではないかという無根拠な恐怖感をぬぐい去る事ができず、結局レーザー治療には踏み切れなかった。
というわけで、当時の僕たちは「何もせずに経過を見守り、ユタの成長と共にアザが消えることを祈る」という消極的な選択をしたのだった。
とはいえ、別に命に危険が及ぶ病気というわけではないので、その後もユタはスクスクと成長を続け、赤いアザも少しずつ薄く目立たなくなっていった。

記憶の中の小さなユタには、目の下に赤いシルシが付いている。
笑うユタの左目の下で、赤いシルシも笑っている。
いつしか僕らは、その赤いシルシをとても可愛いと思う様になっていた。
それが完全に消えたのはいつのことだったろう。
なにしろグラデーションの様にゆっくりと消えていったので、はっきりとは思い出せない。
今ではもう、ユタの左目の下をじっと見ても、そこにかつてあった赤いアザの痕跡を見つける事は難しい。

何故そんな古い話を引っぱり出してきているかというと、それには理由がある。
親として、ちょっとばかりセンチになってしまう理由が。

明日ユタは高校生になる。
いつの間にか15歳になってしまった。
実感としてはそんな感じ。
上記のような、十数年前の記憶を辿りながら、今現在の身長173センチのユタを見ていると,冗談の様な気さえする。
親である僕は、15年前から大して代わり映えせず、年ばかりを重ねているというのに、子どもたちだけが、どんどん大きくなっていく。

明日ユタは高校生になる。
そして、明日からユタが通う高校は、遠い。
家から毎日通うには、少々骨の折れる距離だ。
で、色々考えた末に、寮に入る事になった。
往復数時間をかけて自宅から通う事も出来るし、事実そうしている子は沢山いる。
「だけどそれは、部活や、友達付き合いや、その他様々な事に活かせるかけがえの無い時間を、数時間かかる通学移動に削り取られながらの生活になるということ。それくらいなら、寮に入った方が効率がいい。」
色々迷うところはあったようだが、最終的にはユタが自分で決めたのだった。

明日ユタは高校生になる。
明日ユタは家を出る。
明日ユタが眠るベッドは、ここではなく別の場所にある。
新しいユタの生活は、どんなだろうか。
上手く馴染んでやっていけるのだろうか。
四人と一匹で過ごす最後の夜。晴々とした寂しさの中で、そんなことを考えている。


12040802.jpg


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

ワンちゃん 


12041201.jpg

見慣れぬワンコが通りかかり、そこはかとなく警戒中の、世界のホームランキング王貞治。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

桜が撮りたかった 


12041301.jpg

邪魔すぎですよ。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

微笑三太郎 


12041401.jpg

笑いながら寝るひと。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

XXX 


12041501.jpg

鼻であいさつ。
マロンちゃんと。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

ハミハミして「きゅー」って言わせたい 


12041601.jpg

あのオランウータンが、とてもとても欲しいのです。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

撮影者の口は開いていた 


12041701.jpg

空腹のあまり、つかんだマズルが、もろホットドッグサイズだったのだ。
食える、今なら。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

パンジャの子、またはロボの妻 


12041801.jpg

神々しく日なたぼっこ。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

あたたかい朝 


12041901.jpg

桜が散って、椿が落ちて、そんな風にして、朝の空気は少しずつ少しずつ緩んでいく。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

ナニナニ、ふんふん、どうしたどうした 


12042001-2.jpg

悩み多きチューリップの嘆きに耳を傾けるのも、地域パトロール犬の大切な役目なのであるよ。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

シャットダウン3秒前 


12042101.jpg

サン、ニィ、イチ。




12042102.jpg

グウ。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

冬には撮れない画 


12042201.jpg

みどりと青空。
コレコレ、これなんだよう。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

12042301 


12042301.jpg

信号待ちの間、暇なので、鼻をペロリンしています。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

ていうかそれは多分不審者を警戒してるだけ 


12042401-2.jpg

カメラに興味津々とは、中々感心な子だねえ君は。
おじさんちの子になるか?


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

green green 


12042501-2.jpg

カエルは苦手というか、嫌い。
どこが嫌いかっていうと、じっと動かなくて、何考えてるか分からないところが怖い。
そして冷たくて柔らかい感触が苦手。
だったのだが、昨日見かけたコイツは、ちょっと可愛かった。かもしれない。




12042502.jpg

先日の、みどりと青空のエントリーと同じ日、同じ場所で撮った写真。
こちらのピースは、表情が少し大人っぽいね。
いや増す円熟感つーの?
今年7歳だからね、そろそろね、落ち着き?とかね、風格?とかね、どうかね?


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

ユカヌバが届いたよ 


12042601-2.jpg


12042602-2.jpg


12042603-2.jpg

あーけーて。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

ユカヌバを開封し一粒を手に取り、しかる後に、眠る犬の頭上に掲げる 


12042701.jpg

椅子の上で丸くなり惰眠を貪る犬をも起こす、一粒のカリカリのかぐわしきカホリ。
寝起きのクセに、なんでそんなにキラキラした目してんだお前は。



12042702.jpg

ほしいほしい、ブンブン。←100%覚醒


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

テンションの違いは明らか(朝メシ前の散歩にて) 


12042801.jpg

ハリキリ往路。




12042802.jpg

ハラヘリ復路。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。

電車は撮れなかった 


12042901.jpg

水田に映る電車を撮りたくて、ピースと二人、腰を下ろして待ったのだけど、待てど暮らせど電車は来ない。
仕方がないので、学校ごっこで暇をつぶす人と犬。
「ピースくん」
「はい(挙手)」
「電車こないねえ」
「はい(挙手)」
「オヤツ食べる?」
「ハイィ!(挙手)」

結局電車は撮れなかった。


にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
いつもありがとうございます。